まぐろぐりーん
Google Sitesでガジェットを制限する
Google Sitesでガジェットを制限する

GoogleSitesで使用できるガジェットを制限してみた!

■できたこと
・GoogleAppsのドメイン単位で使用できるガジェット制限

まずはGoogleのヘルプを参考に

1.ここから FSCT をダウンロードし、適当なフォルダに解凍しやす。
2.コマンドプロンプトを立ち上げ、解凍したフォルダに移動
cd fsct
3.シェルを実行
fsct shell
4.ドメイン管理者のログインID、パスワードを入力しログイン

こっからFSCTのコマンドを入力し、ガジェットの設定!
まずは
fsct> help
でコマンドを確認。英語だらけじゃ〜( ̄□ ̄;)

必要なコマンドを解説してみます。
●addBlackListedGadget [ガジェットID 又は ガジェットURL]
ブラックリストにガジェットを追加。使用禁止にしたいガジェットを登録

●addWhiteListedGadget [ガジェットID 又は ガジェットURL]
ホワイトリストにガジェットを追加。使用可能にしたいガジェットを登録

●listBlackListedGadgets
ブラックリストに登録済みのガジェットを表示
ex) [ガジェットID]: [ガジェットURL]

●listWhiteListedGadgets
ホワイトリストに登録済みのガジェットを表示

●removeBlackListedGadget [ガジェットID]
ブラックリストからガジェットを削除

●removeWhiteListedGadget [ガジェットID]
ホワイトリストからガジェットを削除

●setPublicGadgetDirFilter [NO_RESTRICTION 又は WHITE_LIST 又は BLACK_LIST]
使用できるガジェットのフィルタをかける
NO_RESTRICTION: ブラックリストに登録済みのガジェット以外使用可能
WHITE_LIST: ホワイトリストに登録済みのガジェットのみ使用可能
BLACK_LIST: ブラックリストに登録済みのガジェットのみ使用可能

●quit
シェルを終了

ためしに「美人時計」のみを使用できるように設定するには以下の感じです
setPublicGadgetDirFilter WHITE_LIST
addWhiteListedGadget http://bijint.com/bijint.xml

リストから削除したい場合は、listWhiteListedGadgetsでガジェットIDを確認し、
removeWhiteListedGadget [ガジェットID]
でオッケーです。

※反映に時間が多少かかりますので焦らずに〜。今回は10〜15分かかりました。

めでたし、めでたし!
終了です。
みどり comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://maguro.mofu-mofu.com/trackback/1023401
PROFILE
CATEGORY
MHFブログ
もふもふ団
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>